FC2ブログ

大前提

  19, 2018 12:00
こんにちは


思うところがあり
暫くメールフォームへの返信に
専念しておりました。

私という生き物のテーマである
「親子」に特化して
違う形で発信したいなと思っています

自我とは切っても切り離せない
解釈を刷り込んだ「親」との
関係について…

どんな形にしていこうか
模索中です( ̄▽ ̄)


前回の記事にもあるように

「はじめに言葉ありき」

本当に本当にこれに尽きるのです

言葉があり、解釈があり
これらに呑み込まれるから
苦しみになり…

自分が自分をどう思ってるか

という前提だけです


例えば今
こういう記事を、真剣に真摯に読んでいるとしたら
そこには「まだ気づいてない自分」という設定があります

昔、自己啓発系の書籍が流行りましたが、それこそ人間の初期設定につけこんだ
「足りてない自分」が
「これでなんとかなるかも」と
勘違いしてしまう材料になるのです


何かを欲したら
「自分をどんな設定にしているか」
に気づいてみることです


誰かに怒りが湧いたら
その誰かのせいで自分がどうなりそうだと思っているか

仕事への不安に襲われたら
その時は間違いなく
「うまくやるべき」とか
「うまくやれてない自分」という
前提があります

そこには思考の中の
言葉があり、解釈がある

ただそれだけです


沢山の言葉は
ただ、湧いてくるだけで

人間という物質は
その思いとは別に勝手に動いてます


肉体に滞っているエネルギーの
詰まりという現象に

たーっくさんの言葉をのせる事が
感情を知覚するという事

本当に本当にシンプルな
エネルギー現象というのが私達の
実態です

1秒前もあとも
自分の解釈が創る世界に生きてる
錯覚です

いわゆる人生の脚本などといわれてるものは、あったら良さそうですけどね
ありません( ˘ω˘ )


誰かの行いや言動が気になったら
それによって

自分がどうなりそうか

をよく見つめてください

そこには
何かしらの自分に対する
前提があります。

必ずあります

それがあるからこそ
他者が気になり
世界を怖れます

自分に対する前提すら
言葉に過ぎません


その時に浮かんだ最もらしい言葉
の数々を
当てはめる遊びは
自我君が見つけた至福なんですね


いくつかの視点から
自分の仕組み
自我の成り立ち
この世のネタバレ

としてお伝えしてきました。

読んでいただいたなら
素材はあれこれ刷り込まれてますから


いつか
必ず、絶妙なタイミングで
「あーそーか」と腑に落ちる日が
きます(^。^)

たった5%の見える世界で
怖がらずに

見えない世界に護られてると、
とことん信じれば
何かのためにしなきゃ
ならない事よりも
したい事を選べます


今の地球では
因果律はなくなりつつあります


こうしたらあーなる

と思い(言葉)が湧いてきたら
それをただ認め、見送り

宇宙の完璧さに委ねてくださいませ


自分に対する大前提に
気づけたら

どんどん望む自分になっていけます♫

それはまた次回(^-^)/



今日も読んでくださって
ありがとうございました
p(^_^)q


ことばありき

  10, 2018 09:02
人は言葉が浮かび


その言葉を伝えたくなり

伝えた言葉に共感されたがり

肯定されれば喜び
否定されれば
さらにそれを伝える言葉が浮かぶ


その言葉達を押し出す駆動力は
「感情エネルギー」

どれもこれも
ただ湧いてきただけの言葉に過ぎず
ましてや
自分だけの言葉でもない

世の中の争いは全て
湧いてきた言葉をぶつけたいだけ


それらが過ぎていくのだと
知れば
それを観察するだけだと
俯瞰できるのに


この世に自分だけのものはありません
自分に関係があると言葉で見つけたのは自分の法律です


*******

久しぶりの更新です(〃ω〃)

今日も読んでくださって
ありがとうございました

死という概念

  13, 2018 11:52
こんにちは

久しぶりの更新です♪


以前のように
日々メッセージが湧いてる時は
書きまくってたのですが
最近はサッパリ…( *`ω´)




今日は「死」について
最近の出来事からのメッセージを
シェアしたいと思います。


私たちが普段「経験」と呼んでいるものは、日常の出来事の事なのですが
これを分解するなら

見える世界に自分との関係性を
見出し…というか
自分との関係性を見出すから見えるという(メビウスの輪の仕組みと同じです)
そんな見える世界に過去の記憶から
データを引き出し計算結果のように
「これは〇〇という経験だ」
と答えを弾き出したものを経験と
呼んでいます。

そしてその経験から得た
条件的な反応が自分に刷り込まれた
プログラミングです


過去の記憶にはもちろん
人類の集合意識も然り、想像の範囲も
あるのですがね。

それでもいつもどうしても
答えを出したい自我君は
何かと場面にタイトルをつけては
「〇〇な経験」と潜在意識にインプットしていくわけです。

それでは
「死」はどうでしょう。

実際に肉体を終えるという
「経験」をした方はこの記事を読めてる限りはありえないわけで
つまり「死」を経験した方は
肉体を持っている以上皆無なんですね

はい…すごく当たり前なこと
書いてますよぉ( ˘ω˘ )



こっち系の書籍やら様々なブログを
読んだことがある方なら
「死は概念にすぎない」という
のはご存知かと思います。

全くもってその通りなのですが

実際
「死は概念にすぎないらしいので死は怖くありません」
と言う方ほど
現実と呼んでる日々をどうにかしようと、相変わらずあれこれ探し求めて
苦しんでるので

ここら辺をちろっと解体しようかなと
思います。

いわゆる五感が認識する
経験の連続が私達の日々と
呼んでるものなので
実際に私達は「死」を「経験」できません。

例えば他者のこの世を終える場面を
見たり、ニュースで知ったり
お葬式に参列したりして

その「死」については
きっとこうであろうという概念は
持っています。

しつこいですが
認識は肉体があるからこその
五感のおかげなので

肉体を終える時に「もう死ぬ」
なんて思うことはないのです
なぜなら
ゆっくりと五感が閉じていくので
たとえるなら
夜眠りにつく時と同じように
意識の深いところへと落ちていきます

そしてまた「目覚め」ますが。

肉体はなくても意識は共有してる
だけなので
目覚めはしても肉体がある時ほど
「自分感」はありません。

この「自分感の無さ」が
私達が常日頃求めている
絶対の至福なので

肉体を終えるというのは
その先に待ってる絶対の至福の
始まりです。


ナゼ私がこのようなことを
言えるのかというと
肉体は終えてませんがたまたま
先に「自分感」が外れた視点に
いたーという経験があっただけです

これは肉体があるので
経験にすぎませんが

そんな経験があろうがなかろうが

人は皆同じ仕組みで生きてるのだと
知ったきっかけですし

そもそも「自分感に起こる考え」
を採用しすぎてるから苦しみになるのだなぁと実感したものです。


死は概念にすぎないと
腑に落ちていれば
現実と呼んでる毎日の深刻さが
取れます。

自分がどうにか良くなろうとか
他者を変えようとか
〇〇のためにこうしなきゃ
とか

そんな風に湧いてくることはあっても瞬時で通りすぎるので
気にも留めません。

ちょっと注釈入れときますと
「死は概念だと理解していないといけません」という意味ではないです。

自我君はいつも
「肉体の死」と
「自己価値の死」を恐れています

だからこそ
もう百戦錬磨で思考として
語りかけてくるのですね

そもそも
肉体も自己価値も自我君が
創り出してるものなので

その幻想に気づかれまいと
「自分感」をリアルにリアルに
感じられるように
見える世界にもの凄い脚色をしてるのです。

自分の事をリアルに「私」と
知覚している間は「死」は怖いものです。

よく
「長生きなんかしたくないよぉ」
と仰る方もいますが
超ウソです( ̄▽ ̄)

こんな当たり前な事をきちんと
認めていくのはとても大切です

これも自愛に繋がるからです

見えるものだけに囚われず
他の何かになろうとせず
世界にもれなく愛されてる事を
思い出す

すると過去と未来が
霞んでいきます。


今日も読んでくださって
ありがとうございました
(^人^)

更新はツイッターでお知らせします
◆◇@kiyooom73761◆◇

無意識に気づく

  24, 2018 12:00
こんにちは٩( ᐛ )و

異常な暑さが続いていますね
みなさま、お元気でしょうか

こう暑いと我が家の年寄りも
体調が悪く中々更新できずに
いました(。-_-。)


昨日も電車に乗っていたら
具合の悪くなった方続出で
救助のために遅延する事態が
続発したのですよ

電車内の様子は様々ですが

イラついて文句を言ってる
オッさんもいましたね( ̄▽ ̄)

こんな時はひたすら内面に向き合い
「生きとし生きるもの全て」の無事を祈るだけです

こんな場面ですら
遅延する事で起こりそうな
自身に降りかかる災難を
想定することしかできない人には尚更
「無事」を祈ります。

いえいえ
そういう考えや行いが悪いとは
言っていません

今を見ずに
常に少し未来を想定しては
それに合わせるという
脅迫観念的な
思考でしかいられない
制限の中に生きているのだから
そんな風に慈悲の心が芽生えないのも
仕方ないですし
こういう事が不幸な事なんだなぁ
と思いました。

なんて

偉そうに語ってますが
私自身さんざかこの無意識の中に
いたので
だからこそ鏡として映してるわけです




知って欲しいのは

人間はエネルギーですから
意識を向けたところの亜空間
開き、意識を向けた通りに展開していきます。

絶対なんて無いのです
どうにもならない事もありません

なので
体調が悪かったら休みましょうよ

子供が辛そうなら休ませてあげましょうよ
学校行事より命の方が大切です

そうして自分を労わる事ができたら
他者への慈悲も湧いてきます。

この未曾有の猛暑の中
お外の仕事をしてる方もいますよね
本当にありがたい事です

郵便配達の方も
宅急便の方(ヤクルトさんも♡)
も、皆さん炎天下でもお仕事こなして
くださってます。

そりゃあお仕事ですけど

彼らが少しでも辛くならないように
手渡しが必要な時は配達時間には不在にしないとか
今ならウェブでも電話でもじゃんじゃか変更できるので
そういう、ちょっとした思いやりが
大切な時です。
その買おうとしてるものが
どーーーーしても必要かなぁって
見直すきっかけにもなりますしね

沢山の集合意識が変容していくのは
こういう時かと・・・


とかく現代人は無意識です

「べき」を優先するので
今が見えません

だから意見を聞いてもらえない
子供達が犠牲になるのです。

そうやって「こうあるべき」
乗り越えてきた子供が大人になったら
やっぱり何もかもを我慢して、日々を過ごすようになるのです。

・多少辛いのは仕方ない
・仕事はキツくて当たり前
・お金を得るのだから仕方ない

こんな考えありませんか?

これらは間違った義務教育の産物です
だからブラック企業はなくなりません

大事なのは
日々を意識的に過ごすという事です

私達はいつも守られてるので
湧いてくる思考を鵜呑みにしなくても平気さ~
って立ち止まってみてください


世には様々な癒しツールが
ありますね

〇〇ワークや〇〇メソッド
瞑想、丹田呼吸…etc
(90秒ワークは超簡単でオススメです)

やり方はそれぞれですが

要はを感じ
エネルギーを循環させる
という意味ではどれも同じです。


瞑想を例にあげるなら
ただ静かに座る事が目的です。

時に
身体の感覚が薄れて五感の判断が
無くなり「無」になる事もあります
空(くう)の中とも言いましょうか
肉体の記憶もなく
時系列もない究極のです

とはいえその「無」になる事を
目的としません

ただ静かに座るーです。

でも
瞑想に限らず様々なワークやメソッドを使い
を意識的に感じようとすると
が大嫌いな自我君は

「効かない」とか
「なんも変わらない」などの
囁きをはじめます。

こんな考えが浮かんできたら
自我君の声だと知ってくださいね

効かないワークやメソッドなんて
ないんです。
何故なら「今」と向き合うツール
ですから

そんなのが苦手な方は

・一歩一歩を地面を感じながら歩く
・一文字一文字丁寧に丹精込めて書く
・シャンプーの時に毛穴の1つ1つを
触るつもりで指先に集中する
・冷たい水が喉を通る気持ち良さに
意識を向ける
・椅子に乗ってるお尻の感覚を感じ尽くす

などなどなど

いくらでもどんな場所でも
は感じられます。

常に数分先を見越した思考に
囚われてる現代人にはとてつもなく
退屈に感じるでしょうが

本来こうして
「感覚」に意識を向け、観察する事が
人間のお勤めです。

自分という個に現れる唯一無二の
「感覚」を瞬間瞬間
感じ尽くす事。

こうして循環のお手伝いをしていると
「生かされてる奇跡」に
たどり着きます。
宇宙がくれるご褒美です

しつこいようですが
暑くてしんどかったら
休みましょう٩(^‿^)۶

子供が辛そうだったら
お家で休ませてあげましょう

てかね
「自分次第でいいんだよ」
という言葉を掛けてあげてくださいな
子供は宇宙からの預かりものです
親のものではありません。

「そんな事したら…」
という考えは自我君の声

自愛をしたら
慈愛に満ちた世界が展開します

今こそ
ありたい自分でいる勇気を
持つ機会なのかもしれませんね

「体調悪くても休めないよ〜」と
どうにも勇気が出ない時は
私が背中をドーン!と押したげます
メールフォームからどんぞ
ψ(`∇´)ψ



今日も読んでくださって
ありがとうございました(^人^)



更新はツイッターでお知らせします
◆◇@kiyooom73761◆◇

引きこもってもいいっ

  08, 2018 12:12
こんにちは(^.^)

あらら
7月も8日になっていましたね〜

こちらの存在をすっかり忘れていた
私の自我君は
(もう自我君のせいにする( ˘ω˘ ))
昨日嬉しい事があったので
急に書き記したくなって今に至ります。
もう、自我君たら単純なんだからぁ

てなわけで

タイトルにもしていますが

かれこれ一年くらい
時々メールのやりとりをしていた
方のエピソードなのですが

年代も性別も割愛です

ここ数年
家から出られない状態が続いていて
仕事もできず、買い物もできず…
という、いわゆる「引きこもり」だった方が、昨日なんと近くのコンビニまで行って買い物をしてきたそうなんですーーー!

パチパチ〜♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪


いや、あまり褒めすぎると
外に出ることが「良い事」と
定義されてしまうので程々にして
おきますが

この方の場合は「嬉しいお知らせ」として伝えてくださったので私も
喜びたいなぁと思うわけです。

さっきもそうですが
簡単に「引きこもり」と書く事で
説明がついてしまうので
ついついこんな表現使ってしまいます。
この「引きこもり」という言葉にくっついてるネガティヴな観念のせいか

本人も周囲も(主に家族)
「問題」として関わり始めますよね

「引きこもり」という定義で
物事を見始め、学ぼうとし
「絶対の解決法」「絶対の正解」
を探そうとし始めるのです。


ここで大きなギャップが生じます

消耗しきってエネルギーの足りなくなった本人は、自分を守ろうと
「安心」できる時間を増やします

それがよくある
・引きこもってゲームばかりしてる
・部屋から出てこない
・寝てばかりいる

と、周囲は思うのです。

当たり前です
これで充電してるのですから
( ̄^ ̄)ゞ

ところが
エネルギーが足りてるからこそ
普通に日常生活を送れている周囲の
人間は、更にあれこれと調べあげ
解決法を見出そうとし
そこに取り組まない本人を責め
いや〜なエネルギーを出しまくりなので、そんな人がいる場所へ行きたくないので、やっぱり部屋から出るのすら
イヤになるーという
悪循環になるのですね

「家から出られなくなる」
というのは

端的に
【他者が気になる】のです
もうそれだけと言ってもいいくらいです。

もちろん全人類、多少他者は気になるものです。
が、そこに折り合いがつくので日常が
過ぎていきます。

ところがところが
人一倍優しくて
人一倍知的だったりすると

ある一定のラインを越えた途端

どうにもこうにも
「他者」が怖くなり、イコール
外界が怖くなるのですね。

私自身
登校拒否児だったので
よーくわかるのですが

家族や周囲の人の言葉で
「この状況は全部、自分がダメだからだ」と答えを出します。


あの頃の自分に
今大人になった私が
なんて声を掛けてあげたいかなぁって
思ったら、やっぱり
「そのまんまでいいんだよ」
しかないのですねぇ

なので私も終始一貫
この方に「そのまんまでいいんだよ」と声を掛け続けていました。

人は本当に素晴らしい生き物です

何をしてるかしていないかで
価値が変わるわけではないのです

「それはダメだろう」という
刷り込みが創り出す苦しみは
「それでもいい」と思えることでしか
変容できません。

戦後の高度経済成長の時代は
終わりましたから

協調性やら労働意欲やらが
生きるに繋がるのではないのです

ここらで非二元の視点です

自我は「自分次第」が大好きですから
なんとかコントロールしようとしますが、、
そもそも
「引きこもってる自分」はどこにも
居ないのですよ

その場所でそうしていることが
完璧ですし、そうでしかありえないのですよね。

「自我が生きてる」
のではありません。

ただ現れてるんです

3次元では便宜上「それぞれの個人」
として分かれて見えますが

見えるだけで全部自分です。

そうしてリアルに分かれて見える
他者がどうにも気になって怖いのでしたら、まずは充電です。

「自分次第」という言葉を
すっっかり忘れて、安心できる場所で
充電してください。

充電が完了したら、身近な人に
感謝の気持ちが湧いてきますから
自然にそう思えるまでは
ゆっくり充電してください。

ちょっと脱線しますが
お仕事してようがしてまいが
充電はできますよ

マインドはどうであれ
「仕事に行く」という事が起こってるのでしたら、そこに悲観せず
そうしながらも、自分の安心できる
時間は確保できます。


やらなきゃいけない事なんて
この世にはありません

ここでこんな文章読んでも読まなくても物体は勝手に動きます。


なので正直
こういうメッセージも意味はありません
それでも、ほんの少しでも
エネルギーが軽くなる時間になったらなぁ
とは思います。


余談ですが
昨日は七夕でしたから
私へのプレゼントとして
アイスも買ってくれたそうです

もちろん会える距離ではありませんし
実際にお会いした事はありません

「食べないでとっといてね〜」と
書いたメールの文章が残っていますが

これすらも起こった事です
自我君の仕業ですから
( ˘ω˘ )



今日も読んでくださって
ありがとうございました
(^人^)


更新はツイッターでお知らせします
◆◇@kiyooom73761◆◇

What's New